アンティーク羽織(銘仙)アールデコ

  • 8,000円(税込8,640円)

  • 定価 10,000円(税込10,800円)
品名アンティーク羽織
時代昭和以前
赤、鼠色、灰色、黒など
幾何学模様
素材正絹
重量0.37kg
ランクA
その他状態は大変良好です。
A (身丈)88cm
B (裄丈)61.5cm
C (袖丈)51cm
D (後幅)28.5cm
※身丈=肩からの長さ

コメント

  • サラッとした手触りで、薄くて軽い正絹の羽織です。
  • 羽裏の柄がとてもレトロです。
  • アンティーク羽織としては大変良い状態です。
  • 黒・白・赤の、当時の銘仙では定番とも言える色遣いに、花や葉のように見えるアールデコ柄です。

  • ハナの豆知識


    銘仙は大正から昭和にかけての女性の普段着やお洒落着として日本全国に普及した平織りの絹織物のことを言います。大正から昭和にかけては、アール・ヌーヴォー、アール・デコなど海外の芸術運動の影響を強く受け、「抽象画のような模様」、「大胆でカラフルな色使い」、「水玉模様」などが当時の流行りだったそうですよ。
    型番 H-170811-01
    定価 10,000円(税込10,800円)
    購入数

    戻る ホーム
    上部へ戻る