単衣 薩摩上布(宮古上布) 丸に菱文

  • 80,000円(税込86,400円)
品名単衣
近い色濃藍色
丸に菱文
素材苧麻
重量0.38kg
ランクA⁺
その他中古品としては大変良い状態
A (身丈)149.5cm
B (裄丈)63cm
C (袖丈)47cm
D (前幅)23cm
E (後幅)30cm
※身丈=肩からの長さ

コメント

  • 濃藍色の地に幾何文様が絣で織り出された薩摩上布(宮古上布)の単衣きものです。(証紙は付いていません)
  • 素材は苧麻です。薄くて透け感があります。
  • シミ、汚れ、傷みなどの難は特になく、中古品としては大変良い状態です。(1,3,4,5枚目の画像に、お着物のヨコ方向に一筋の線がみえますが、これは折りたたまれていた”たたみジワ”です)

  • ハナの豆知識


    薩摩上布について・・
    薩摩上布とは、苧麻(ちょま)を手紡ぎにして細密に織り上げた上質の麻布のことです。薩摩上布は、第二次大戦後に宮古上布や八重山上布などと呼ばれるようになったといいます。薩政時代、宮古諸島と八重山諸島は薩摩の支配下にあり、琉球の織物はすべて薩摩を経由したので、この名称がそのまま戦前まで続いていたのだそうです。
    型番 K-180924-03
    購入数

    戻る ホーム
    上部へ戻る