逸品 アンティーク着物

  • 130,000円(税込140,400円)
品名アンティーク着物
近い色深紫色
-
素材正絹
重量0.79kg
ランク
その他大変良い
A (身丈)150cm
B (裄丈)62cm
C (袖丈)61cm
D (前幅)23cm
E (後幅)29cm
※身丈=肩からの長さ

コメント

  • 目に突き刺さるようなとても鮮やかな原色の顔料が、全く色褪せずに今日まで残っている美しいアンティークのお着物です。紋の大きさが直径3.5cmですので、少なくとも戦前のものには間違いありません。約70年以上も前のお召しものがこれ程良い状態で、無傷のまま残っているのは本当に素晴らしいです。
  • 裏地の八掛には表地と同じ共布が使われており、裏地に描かれた意匠も表地と同じように衽から八掛にかけて江戸褄模様に染められています。(3枚目の画像をご覧ください) 
  • 素材はシボのはっきりした正絹チリメンです。
  • 広衿のお仕立です。(ボタンなし)
  • 裾フキと袖口には軽く綿が入っています。
  • 五つ紋が染め抜かれています。(紋の大きさは3.5)
  • シミや汚れなどの難は特に見当たりません。状態は大変よく、美品です。
  • 最後の画像5枚は、布組織を光学顕微鏡で拡大して撮影したものです。他の画像と色が異なって見えたり、光って見えているのは、顕微鏡に装着されている照明によるものです。

  • ハナの豆知識


    紋の大きさは時代とともにだんだん小さくなりました。
    紋の大きさですが、江戸時代には女性用でも直径が5センチ程度あったといわれます。明治時代以降は、時代の流れと共に小さくなって戦前頃までは3.5僂平均であったと言います。そして現在の標準的サイズ(直径2.1センチ)になったのは戦後からだといいます。(^_^)
    型番 K-181119-02
    購入数

    戻る ホーム
    上部へ戻る